2020年11月22日日曜日

2020/11/22 第3波が拡大

新型コロナウイルス感染症による第3波の感染拡大が全国的に拡がっています。大阪も過去最大の感染者数を毎日更新する現実には恐ろしさを感じます。毎日の診療については新しい知見をもとに日々新しい対策を付け加えている状態です。
世間的にはGo To トラベルやGo To イートにより感染対策を施しながら経済を回していこうとする施策で賑わっているようですが、私個人的にはこれらのキャンペーンを通じて何処かに出掛けようというような気分にはならないので、Go To トラベルもGo To イートも全く活用していない状況です。それどころか年末年始の帰省すら危うい状況に悲しんでいます。それでも毎日の生活に、診療に、最大限の対策を施しながら過ごしていきたいと思っています。
さて、連休の日曜日。今日も普段通り、日課をこなしてから太子の日の四天王寺にお参りしてから紅葉が進む茶臼山へ歩きました。てんしばへ到着すると、、、コロナ禍にもかかわらず今年もスケートリンクつるんつるんの建設が始まっていました。てんしばが寒空の下で賑わう日が来る事を切に祈ります。



 

2020年11月15日日曜日

2020/11/15 紅葉が最盛期を迎えます

新型コロナウイルス感染症は毎日過去最高を更新する勢いで、第3波の到来を強く印象付けています。アメリカは大統領選挙における選挙活動を優先させたことにより爆発的な感染増加を招いており、大統領選挙の当確を期に感染爆発をどのように収束させるのか政府の手腕が問われることになります。日本も第3波をどうすれば抑え込めることができるか、オリンピック開催を左右する正念場を迎えることになります。GoToキャンペーンで緩みがちな雰囲気を如何に引き締めることができるのか、予断を許しません。私は普段通りに感染予防を最上段に考える毎日を送っています。診療については予約時間の確保と徹底が一番の感染対策だと信じて、患者さんに協力をしていただいて進めて参ります。
さて、11月15日日曜は雲ひとつない晴天に恵まれました。いつものように大阪城へウォーキング。紅葉が進み美しい季節を重ねていました。



 

2020年11月8日日曜日

2020/11/8 紅葉が進んでいます

11月もあっという間に進んでいきます。新型コロナウイルス感染症は毎日多数の感染者が報告され、世間はGoTo振興策で賑わっているにもかかわらず、これまで通りの感染予防対策のため、相変わらずの閉塞生活を送ってます。これだけ感染者が増えると怖くて外出もままならず、忘年会はパス、いつものウォーキング以外には何処にも行けません。

そんな日曜日の朝、ベランダのハイビスカスに鮮やかな花が咲きました。自粛期間中に買ったハイビスカスはたくさんの花を咲かせてくれて励ましてもらったのですが、今年最後の蕾から美しい花が咲いたのです。

ベランダのハイビスカスに
最後の花が鮮やかに咲きました!

そして日曜日の朝はウォーキング。大阪城から天満宮へ、そして中之島公園へ歩きました。歩く人、走る人はそれほど多くはないのですが、それでもマスクは外せません。大阪城は紅葉が進み、そして中之島バラ園は全盛期を過ぎたものの、美しい薔薇が輝いていました。
大阪城公園も紅葉が進んでいます

中之島バラ園にて
秋の薔薇は最後の輝きを!

 

2020年11月1日日曜日

2020/11/1 井上尚弥7R KOでラスベガスデビューを飾る

土曜日の診療を終えて、夕方からスタッフが平野のお寿司屋さんに集まってお食事会を開きました。本来なら1年間の診療を終えて大掃除をしてから忘年会として楽しんできたのですが、今年はコロナ禍真っ只中。年末となるとインフルエンザの流行も危惧されますので、前倒しで食事会を催すことになりました。恒例のてっちり鍋は感染対策のため鍋を一つにまとめて楽しみました。てっさや湯引き、雑炊を満喫した後、上等なお寿司三昧で満月の夜を楽しむことができました。年末まで気を緩めることなく、診療に取り組んでまいります。
11月になりました。日曜日は朝から大阪城へウォーキング。いつもと違うのは井上尚弥のラスベガスデビュー防衛戦です。WOWOWの現地生中継は10時半から放送開始なのですが、もちろんアンダーカードから始まりますので井上尚弥の試合はずっと後になります。いつもより早めにビールを飲みながら昼食。途中にはiPhoneでWOWOWオンデマンドで進行状況を確認します。12時過ぎに帰宅すると、ちょうど井上尚弥の試合のゴングが鳴らされました。私はボクシング観戦が大好きで、毎週月曜のWOWOWエキサイトマッチは欠かさず観ています。井上尚弥は本当に強くて、前回のドネア戦では序盤に右眼科底骨折に見舞われながらも見事な試合を繰り広げて感動の判定勝ち。今回は1年ぶりの復帰戦に試合勘の喪失が危惧されましたが、ゴングが鳴ってみれば井上の真骨頂が発揮されて、挑戦者を寄せ付けない試合運び。堂々の7R KO勝利となりました。素晴らしい試合に勇気をもらいました。